カブスカウト夏キャンプin能登半島
デンコーチとしての感想
 カブスカウトは小学2年生秋〜5年生秋を対象にしています。そしてその指導は下記の人々によって行われます。   

リーダー  隊長・副長・副長補 隊全体の運営、指導にあたります。隊長・副長は教育研修を受けています。

デンコーチ  カブスカウトの組の指導者で18歳までの男女。栗東8団では、この役務はカブスカウト課程を修了したボーイスカウトが行っています。

デンリーダー  活動が安全に円滑に進むように世話をする成人指導者。 栗東8団では、この役務は父兄から選出された人が行っています。

 注:デンとは動物の巣や穴という意味。(ボーイスカウト用語)カブ活動でスカウトの組の集会本拠地。そのことから組そのものをもデンといいます。

 デンコーチは指導者であると共に、自らもボーイスカウトとしての教育を受けます。
 以下はカブスカウトの夏キャンプに参加したデンコーチ(中学1年女子)の感想文です。
 何やのん、栗東に帰ったと思ったら、雨・・・雨・・・雨・・・大雨やん!!中島隊長!!!
 というわけで帰ってきたH.Uです。
 
(注:2泊3日の好天に恵まれたキャンプから戻ってた途端に突然の大雨でした。)

 感想というか、報告ですね(上の↑)まぁ、、いいや。
 今回の夏キャンプは、はっきりと言います。ズルい!!あたしがいた時と全然違う!修学旅行やーー!!
 
(注:毎年の夏キャンプはテント生活でしたが、この時は国立青年の家の宿泊施設を利用しました。)
 しかし、くまにとっては、最後のキャンプ、、、、、
 
(注:カブスカウトは低学年から、うさぎ、しか、くまに分かれています。)
 そう思うとホンマにええ思い出を作って欲しいと思っていました。
 ま、作れたかは知りませんけど。

 活動は、子どもから大人まで楽しめるものばかりでした。1日目は、Myスプーン作り。
 みんな細い棒をノコギリで切って作りました。あと、ガスバーナーや彫刻刀、小刀など危ないものがいっぱいありました。
 しかし、良くリーダーの話を聞いていたと思います。ただ、ガスバーバーを使って焦げ目をつけたのですが、それをカブスカウトにさせるのは危ないかなー?と思いました。(くまならまだいいけど、しか・うさぎは危ないと思う)

 夜は、肝試し★☆★☆カブの子に「肝好き?」といっぱい聞かれた。略すなって。。分かりませんから(笑) 肝試しは、付き添いやったあたしでもイマイチ分からんかったので、20分くらいみんなで迷っていました。不満いっぱい。愚痴いっぱい状態です。こんなことなら事前にコースをあるくべきやったなと思いました。
 なんとか、コースに入れたものの、ここでもハプニング発生!脅かすリーダーの足を踏んだり、何かじゃれたりしている子がいたそうです。組長注意しろよ・・・。と、あんまり意識していないのか、今年のくまはあまり組長次長の自覚がありませんでした。
 さらに、A姉弟の喧嘩勃発。誰でも良いから止めて状態だったそうです。これは、、どっちも悪いと思うわ。姉弟喧嘩なんか家でやっとけ。そのせいで、脅かしグッズのお面の舌が取れました。おまけに、組がつながって、肝試しの意味がなくなりました。何しれるねん。舌どうするねん。ちょっと怒りました。

 2日目は、みんなしっかり起床・あいさつができました! 2日目の活動は、朝→くま・しかがカヌー体験で、うさぎ・リーダー(デンリーダーも)・デンコーチは体育館を利用を利用して、あたしの大嫌いなバレーボールをしました。
 うさぎは侮れませんね。感覚を覚えるとみんな上手にパスを繰り返していました。さらに、リーダーとデンコーチでもう1回やりました。みんな燃え尽きましたWW(笑)
 次にフリスピーを使ってドッヂボールをしました。男子は、自分が取ったフリスピーを投げたい子にあげていました。良かったと思いました。デンコーチは、熱中しすぎてそんなこと気にも止めませんでした。反省・・・。

 午後は、レッツ海水浴!!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!と、その前に砂象作り。みんな暑い中を必死に話を聞くが、やっぱり下を向いている子が4割いました。話を聞き終わって、早速作り始めました。まず、みんなで何を作るか決めてバケツの中に砂をいっぱい入れて、海水を入れて固めました。組の1人1人自分たちが決めた役割をしっかりこなしていました。
 あたしの組は目玉親父を作りました。(ゲゲゲの鬼太郎の)四角い砂の塊を丸くするのは大変だったけど、みんなで頑張って丸くしていきました。最優秀賞は5組のたこを作ったところでした。かなりリアルで芸術的!?でした。
 そして・・・・・
海水浴!!!かなり遠浅の海です。海水もそんなに濃くなく良かったです。みんなも、注意したことをしっかり守って泳いでいました。最後にスイカ割りや集合写真を撮ったり、良い思い出ができたかな?なんて思ったりしています。

 夕食前に今日のキャンプファイヤーで歌う曲を練習しました。もちろん指導するのはあたしらデンコーチ☆☆リーダーって大変なんですね〜〜〜〜このキャンプで一番身にしみました。それは、急に指導しろと言われて知っている曲もあんまり無かったので、とっても困りました。「ホンマはあんたらが知ってなアカン曲がいっぱいやねんで」と副長に言われてかなりショックを受けました。何もできひんやねんあたしら・・・・とこの身をもって感じました。
 さらに、カブの声はちっちゃいし、やる気ゼロです。確かに疲れているのは分かるけど、やるときはやろうよと思いました。(ちょっとだけ怒ったんだけど)けど、カブばかり悪いのではなく、あたしらにも問題点があったと思います。例えば声がちっちゃいとか上手くカブを誘導できないとか、今は何をすべきなのか状況が分かっていないとか、当たり前のことが出来ていませんでした。だから、これからのデンコーチはそのことを重点にやっていけばいいんじゃないかなと思いました。

 夜は楽しい楽しいキャンプファイヤー!!!!!!今回は飛び入りでやったスタンツが多かったけど、今までのカブのキャンプファイヤーの中で一番良かったと思います。どの組も大きな声で発表し、ふざけている人がひとりも居なかったので嬉しかったです。
 デンコーチは、7ゲームをしました。シケました。直す点としては、始めからどういうルールを加えるか考えておくべきやったと思います。1つの遊びでもルールを+(プラス)していけば、どんどん楽しくなるはずです。今後の活動で生かそうと思います。
 夕方やった歌はバッチリ!!!!みんなが大きい声で歌えました。ホンマに良かったです。・・・・ただ、懐中電灯を「絶対点けたらアカン」と言われていたのに、何度も点けるスカウトが居ました。怒られたねんけど、それくらいは守って欲しかったと思います。折角のファイヤーがねぇ。。(愚痴)

 3日目!くまにとって、ホンマに最後の活動です。今日も、みんなバッチリ起床・あいさつができました。2日目の夜にみんなぐっすり眠ったので、朝から元気バリバリです。昨日のゴールデンバー会議通り、朝食前にみんな荷物を指定した場所に運ぶことができました。組長がしっかり組員に言ってくれました★
 
(注:ゴールデンバー会議=組長・次長会議。 組長・次長は腕に金色のバーの記章を付けている。)
 3日目の活動は、朝→リーダー・デンコーチはカヌー体験で、くま・しか・うさぎ・デンリーダーはディスクゴルフをしました。ディスクゴルフは行っていないので、あたしの個人のカヌー体験感想です。カヌーは難しいです。手がかなり痛くてどうしようもなかったのですが、漕がなければ前に進めません。プールで落ちる練習をしました。誰も落ちませんでした。素晴らしい☆☆★★すごい\(^▽^\)(/^▽^)/すごいっ
 そして近くの池でいよいよカヌー体験!!!救命胴衣を身に着け、カヌーを池に置きました。・・・?!!!!!池の色が食事の時のお茶の色にそっくり!(玄米茶)みんなその池を玄米茶と呼んでいました(笑)
 さてさて、ボートに1人ずつ乗り込んだあたしたち。けど、すっごく難しくなかなか前に進めません。くるくる回っていました。(笑)「これは回るボートなんだよ」と、指導してくれている方がおっしゃったけど、こんなに回るのは異常やろ!?と思いつつ遠くまで行って戻ってきました。もうしたくありません!!!!!カヌー嫌い!!!けど、誰も玄米茶を飲むような羽目にはなりませんでした。

 ・・・今は帰りのバスの中です。3日間お疲れ様でした。みんなテンション高いです。リーダー群、メッチャ眠たいのに眠れません。いっぱいカブとふれあった!?
 今回のキャンプでデンコーチっていうのがメッチャ分かりました。多分、スカウト・リーダーよりも大変やけどやり甲斐がある、楽しいと言う気持ちでいっぱいになりました。それで、これから上に上がってくる子にしっかり指導したいなと思いました。ホンマにこのキャンプに来て良かったと思います!!

                              デンコーチ    ボーイスカウト H.U